篠田の花火一覧

【篠田の花火】日程と時間!アクセスは?駐車場はあるの?

篠田の花火は歴史が古く江戸時代中期に始まったとされています。 篠田の花火の古式花火は、住民でつくる篠田の花火保存会が3月20日から、 イオウや硝石などを練り合わせた火薬を板の上に張り付け、 高さ10m、横幅16mのパネルに表現する仕掛け花火です。 今のような仕掛け花火になったのは日露戦争終了後の1907年 (明治40年)ごろからです。 篠田の花火は近江八幡市で3月に行われる左義長まつり、4月に行われる 八幡まつりと並ぶ火まつりです。 この篠田の花火の日程や花火の時間、アクセス方法や駐車場について紹介したいと思います。